1/400 エヴァンゲリオン第13号機 疑似シン化第3+形態(推定) 【プラモ予約】

1/400 エヴァンゲリオン第13号機 疑似シン化第3+形態(推定)

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』から、カヲルが第1使徒から13番目の使徒へ堕とされ、Mark.06内に潜伏していた第12の使徒を吸収したことで、初号機の擬似シン化形態をも超える「エヴァンゲリオン第13号機 疑似シン化第3+形態(推定)」を1/400スケールでキット化!コトブキヤさんより2020年8月発売予定です。価格は9,800円(税抜き)。

1/400 エヴァンゲリオン第13号機 疑似シン化第3+形態(推定)


CAD設計によって精密な関節部設計と原型師が作り出す洗練されたフォルムの造形とを融合させ、「エヴァンゲリオン第13号機 疑似シン化第3+形態(推定)」を見事に再現!疑似シン化第3+形態時の瞳、通常時の瞳は塗装にて再現。また可動ギミックで開口状態も再現可能。

1/400 エヴァンゲリオン第13号機 疑似シン化第3+形態(推定)


さらに顔を上に向けると喉部が連動し可動するギミックや、背面ブロックの可動と連動してエントリープラグが引き出されるギミックを搭載。ほかにも膝関節は腿前面と膝頭が連動して可動します。

ポージングの幅が広がるオプションパーツとして、2本のロンギヌスの槍が付属。また収束状態のロンギヌスの槍をジョイントパーツと2本分の柄を使用することで再現可能。もちろん副腕の展開状態を差し替えで再現することができます。覚醒時の光輪も用意され、フォースインパクトのシーンを再現可能。

1/400 エヴァンゲリオン第13号機 疑似シン化第3+形態(推定)


原型製作/設計は桑村 祐一、千葉 翔平、清水 康智。商品サイズは全高190ミリ。付属品は、ロンギヌスの槍×2本、フライングベース、フライングベースに接続する光輪支持パーツの台座、副腕展開パーツ一式、光輪支持パーツ、光輪、収束状態の槍再現用ジョイントパーツ、フライングベース対応用の臀部パーツがセットになってます。

▼予約はこちらからできます
1/400 エヴァンゲリオン第13号機 疑似シン化第3+形態(推定)

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


スポンサードリンク
PR
PR
最新記事
コンパクト月別アーカイブ

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。