アルティメットジオラママスターライン エヴァンゲリオン初号機 コンセプト by Josh Nizzi 【フィギュア予約】

アルティメットジオラママスターライン ヱヴァンゲリヲン新劇場版 汎用ヒト型決戦兵器 人造人間 エヴァンゲリオン 初号機 (Concept By ジョシュ・ニジー)

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』から、主人公の碇シンジが搭乗する 汎用ヒト型決戦兵器 エヴァンゲリオン初号機を、圧倒的なディテールとサイズにより、作中シーンをそのまま切り取ったかのようなリアルな情景で再現するスタチューシリーズ「アルティメットジオラママスターライン」で商品化し、プライム1スタジオさんより2021年2月発売予定です。価格は142,900円(税抜き)。

アルティメットジオラママスターライン ヱヴァンゲリヲン新劇場版 汎用ヒト型決戦兵器 人造人間 エヴァンゲリオン 初号機 (Concept By ジョシュ・ニジー)


作中で中心に活躍する機体「エヴァ初号機」を、数々の映画作品でメカニックデザインを手掛けてきたコンセプトアーティストのジョシュ・ニジー氏による、今まで誰も見たことのないまったく新しいデザインで再構築されたコンセプトアートをもとに、プライム1スタジオが見事に完全立体化!

アルティメットジオラママスターライン ヱヴァンゲリヲン新劇場版 汎用ヒト型決戦兵器 人造人間 エヴァンゲリオン 初号機 (Concept By ジョシュ・ニジー)


ニジー氏によるオリジナリティ溢れるメカニカルなディテールは3D立体造形を駆使して細部に至るまで精密に造形され、全体的に重厚さを感じさせるメタリック塗装表現と相まって、類まれなる存在感を演出します。また全身に施されたグリーンのペイント部分は蛍光カラーを使用することで、暗闇で怪しく光を放ちます。「暴走化」した初号機のリアルさを追求し、頭部にはLEDライトアップ機能を内蔵。

アルティメットジオラママスターライン ヱヴァンゲリヲン新劇場版 汎用ヒト型決戦兵器 人造人間 エヴァンゲリオン 初号機 (Concept By ジョシュ・ニジー)


さらに左手で引きずるは、損傷した第4の使徒を再現。その半身は、エヴァとは対照的な生々しい生物的なデザインに仕上げられ、激闘を感じさせる細部造形も注目ポイント。ほかにも情景をテーマにする「ジオラママスターライン」ならではのベース部も見どころ。破壊された第3新東京市発電所、墜落した機体(VTOL)など、まるで作中のワンシーンをそのまま切り取ったかのような迫力さを感じることができます。

アルティメットジオラママスターライン ヱヴァンゲリヲン新劇場版 汎用ヒト型決戦兵器 人造人間 エヴァンゲリオン 初号機 (Concept By ジョシュ・ニジー)


商品サイズは全高67.5センチ、全幅40.4センチ、奥行48.7センチ。商品内容は、フィギュア本体のほか、専用ベースがセットになってます。

▼予約はこちらからできます
アルティメットジオラママスターライン エヴァンゲリオン 初号機 (Concept By ジョシュ・ニジー) UDMEVA-03EX

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


スポンサードリンク
PR
PR
最新記事
コンパクト月別アーカイブ

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。