ROBOT魂 ガンダムF91 EVOLUTION-SPEC 【フィギュア予約】

ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムF91 EVOLUTION-SPEC

『機動戦士ガンダムF91』から、サナリィが「フォーミュラ計画」に基づいて開発した、高性能小型MSの試作型「ガンダムF91」を、10年の進化を集約して「ROBOT魂」で新生!バンダイさんより2020年5月発売予定です。価格は4,800円(税抜き)。

ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムF91 EVOLUTION-SPEC


2010年に発売された「ROBOT魂 ガンダムF91」が、10年間にわたって培ったROBOT魂の技術的進歩を惜しみなく投入して「EVOLUTION-SPEC」という新たな名を冠してリニューアル!曲面フォルムが特徴的なF91を完全新規造形で再現。作中で印象深い“迫りくるパース感”も意識することで、手足先端に向けスタイリッシュなシルエットに仕上げています。

ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムF91 EVOLUTION-SPEC


2010年版の外装は軟質素材が主であったのに対し、2020版の本商品は、ほぼすべてに硬質で流動性の高く、シャープな造形に適した「ABS」を用いたことで、MSらしい堅牢な雰囲気をかもし出すことが可能。また関節には、強度が高くて耐摩耗性に優れる「POM」を使用しており、思い通りのポーズを取らせることが可能。

ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムF91 EVOLUTION-SPEC


さらに腹部のブロックを胸部と股関節にあえてめり込ませる構造を採用。これにより可動時のボディーラインを破綻なく表現。加えて首関節が基部から浮き、後頭部に可動ポイントを設けたことで、飛行シーンのポーズが違和感なく決まります。肩部には引き出し関節を採用したほか、脚部の付け根は軸位置そのものが可動。くるぶしは左右へ軸可動し、なめらかなラインを生み出します。

ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムF91 EVOLUTION-SPEC


ポージングの幅が広がるオプションパーツとして、ビーム・ライフル、ビーム・ランチャー、ビーム・サーベルが付属。ヴェスバーは背部のレールをスライドさせるで、前方へ展開可能。銃身には伸縮ギミックを搭載。ビーム・サーベルは、作中で無人兵器「バグ」を破壊する際に見せた回転状態を再現できるパーツを付属。ビーム・シールドも用意され、PET印刷により、複雑なビームエフェクトの質感を演出。

ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムF91 EVOLUTION-SPEC


ほかにも脚部バーニア展開は可動で再現。付属の差し替えパーツでフェイスオープンや、肩のフィンの展開状態を再現でき、鉄仮面が操るラフレシア戦で見せた「最大稼動モード」を再現することが可能です。



商品サイズは全高約130ミリ。商品内容は、フィギュア本体のほか、交換用手首左右各2種、フェイスオープン再現用パーツ、ビーム・シールド発生器一式、ビーム・サーベル柄×2、ビーム・サーベル×2、ビーム・ライフル、ビーム・ランチャー、回転ビーム・サーベル用エフェクト左右、ビーム・シールド用エフェクト、肩部フィン左右、魂STAGE用ジョイントパーツがセットになってます。

▼予約はこちらからできます
ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムF91 EVOLUTION-SPEC

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


スポンサードリンク
PR
PR
最新記事
コンパクト月別アーカイブ

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。